読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life traveler

「夢をかなえる」をモットーに英語教師をしています。夢を発見し、かなえるための場所を目指します。

【セミナー】高校現場で時事英語をどう教えるか 〜40人クラスサイズでもできる時事英語リスニング授業〜【行ってきた】

どんな講演?

・「高校の現場で大活躍した茅ヶ崎方式」をテーマに、実際の授業形式を取りながら講演。
・講師は茨城県立並木中等教育学校英語科教諭の寺田圭子さん。
・内容は、寺田先生が一年間、高校の授業でどのように茅ヶ崎方式を活用したのか。

協力校セミナー(参加者募集)

 

茅ヶ崎方式とは?

 茅ヶ崎方式は、Listeningを基盤として、国際的なコミュニケーションに役立つ英語を、段階的に身に付けて行く学習法です。

 学習用教材は、社会のあらゆる事象をカバーするため、ニュースを素材とし、独自の教材を各段階の学力に応じて学習会ごとに毎回作成されます。そして、学習者の負担を必要最小限に抑えるため、全ての教材が厳選された4,000語で作成されます。

1. まず聴く力に重点をおく
「聴けない言葉は話せない」という原理から茅ヶ崎方式は「聴く力」に重点を置いています。
2. 独自に厳選した4,000語を使用語化
「知らない言葉は聴き取れない」ことから、内容のある対話を外国人(英米人のみにあらず)とするために必要十分な4,000語の使用語化をめざします。
3. 内外の重要ニュースが教材
地球上から核兵器はなくなるか、世界経済の動きは、地球環境はどう変化するのか・・・各クラスの教材の内容は、誰でも知っている最新のニュースです。
4. 会話に使えるラジオニューススタイル
教材は30年間、NHK Radio Japan で英語ニュースを書き続けた元記者が、話し言葉に近い、いきいきとしたラジオニューススタイルで毎週、簡潔・明快に書き下ろしていますので、すぐ会話に使えます。
5. 国際化時代の本格的な英語力を
学習効果を確かめながら、着実に聴く力を身につけ、これを話す力、読む力、書く力に発展させ、挨拶や自己紹介だけでない本格的な英語力を身につけることができます。

茅ヶ崎方式学習法とは

 

学んだこと

・文法ずんずん

→寺田先生オリジナルの英語文法の定着法。

 いる・ある・イコールbe動詞

 SとVでセンテンス

 文の要素はSVOC

 要素以外はおまけのM

 MはもともとModifier

上の品詞などの知識を呪文?のように生徒に元気に答えさせる。講演で少し実践していただけました。寺田先生の元気の良いお人柄がとても印象的で楽しく覚えられるなぁと感動しました。

中学生って文法知識をとても退屈そうにするので教える側としては避けてしまいがちなのですが、こういう工夫が必要なのだと反省しました。

 

・リスニング精聴の授業

→寺田先生のリスニング精聴の授業を実際に受けさせていただきました。

 リスニングの授業というと、CDを流して、答えを確認して、音読して終わり。

 そんな授業をしていましたが、寺田先生は全然違いました!

 目から鱗が落ちる文法を屈指して、聴く力を伸ばす授業でした。

 基本的に、ディクテーションメインの展開でした。

 ディクテーションの仕方ですが、これがとても重要だと感じました。

 

 0.最初に3回聞いて、どんな内容だったかを聞く。

 1.精聴。文の構造をヒントにする。

今から聞く文がどのような構成になっているかを確認。例えば、SVOで従属節があるかどうかなど。これを寺田式記号付けに落とし入れる。なかなか文章でお伝えすることが難しいのが残念です。

 2.主語・動詞をまずディクテーションする。

 3.目的語やMをディクテーションする。

 4.従属節があれば、節内のSとVをディクテーション。

 5.節内のMなどをディクテーション

 

というように文法的な知識を駆使して品詞などを予想してディクテーションさせます。

なんとなく数をこなして聞く力を伸ばすのではない、先生の熱意を感じました。

 

感想

とても明るい雰囲気の先生で、勉強になりました。中高一貫校の進学校で教鞭をとられており、共感するお話も多かったです。

まだまだ自分の力の無さを痛感させられました。

もっともっと良い授業ができるように、学んだことを活かして取り入れていきたいと思います。

 

幸せとは何か?ハーバード大学の研究とGottmanの研究から見えてくるもの

私たちを幸せにするのは何か?という問いにハーバード大学が七十五年間かけて724人の人たちを追った研究があることを知りました。

2015年にTEDでプレゼンテーションされて有名になったのでご存知の方は多いかもしれません。

この教え— 親密で良い関係は 包括的に 私たちに益となっているという教えは 今に分かった事ではありませんね 何故そんな関係は築き難く 無視され易いのでしょう 誰もそうですが 私たちは手っ取り早く 手に入れられる 生活を快適に維持してくれるものが 大好きです 人間関係は複雑に込み入っています 家族や友達との関係をうまく 維持して行くのは至難の業です その地道な努力は地味で その上その仕事は 死ぬまで続きます 75年間に渡る研究で 定年退職後 一番幸福な人は 仕事仲間に代わる新しい仲間を 自ら進んで作った人達です 最近の調査での 新世紀世代のように この研究の参加者の多くは 彼らが青年期に入った時名声や富や業績が 良い生活をするには 必要なものだと 本当に信じていましたが 75年もの間 我々の研究で 繰り返し繰り返し示されたのは 最も幸せに過ごして来た人は 人間関係に頼った人々だという事した それは家族 友達や コミュニティだったり様々です

ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から | TED Talk Subtitles and Transcript | TED.com

www.youtube.com

幸せとは何?と聞くとどんな答えが返ってくるでしょう。

お金?

結婚?

仕事?

学歴?

夢?

 

その答えは、良い人間関係を築くことです。

家族をはじめとする暖かい関係こそが幸せだというのです。

このプレゼンテーションを聞いて多くの人が納得すると思うのですが、良い人間関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか。

 

Gottmanという心理学者がいます。

ジョン・ゴットマン(1942年4月26日生まれ)は、心理学名誉教授であり、夫婦関係や結婚生活の安定性の研究で知られている。ゴットマンは科学的かつ直接的に夫婦の観察を行い、それを同僚が要約して論文として発表した。ゴットマンとその他の研究者らによるこうした研究の成果は、人間関係を害する行動を避けて人間関係を改善するためのカウンセリング活動に応用される基礎的根拠となっている。ゴットマン博士は、ワシントン大学 (ワシントン州)の心理学の名誉教授である。ゴットマンは、妻ジュリー・ゴットマンと共に、非営利団体の研究所「The Relationship Research Institute 関係研究所」の責任者であり、営利企業セラピスト養成施設「The Gottman Institute ゴットマン研究所」の責任者である。

ジョン・ゴットマン - Wikipedia

彼は15分間夫婦の会話を聞けば、4年後に離婚するかどうか85%の確率でわかるという研究結果を出しました。

では、どのような会話タイプが離婚を招くのでしょうか。

A けんかしない

B 日常の会話が薄い

C 共通の趣味を持っている

D 深く自分を開示する

実は上のいづれでもないようです。

コミュニケーションの取り方が大切だと言います。

キーワードは批判しないということです。

批判をするとそれに対して感情的になります。

そしてだんだんと話がずれて、問題解決から遠ざかります。

良い人間関係を作るためにも批判せずに、相手に伝えることが大切でしょう。

 

最後に、上のプレゼンテーションから引用します。

最後にマーク・トウェインの言葉を 引用して終わります 一世紀以上むかし 彼は人生を振り返り こう書きました 「かくも短い人生に 諍い 謝罪し 傷心し 責任を追及している時間などない 愛し合う為の時間しかない それが例え一瞬にすぎなくとも」
良い人生は良い人間関係で築かれます。

 

教員の留学③「留学カウンセリングから学んだこと」

2社目の留学カウンセリングを受けて来ました。

今回受けた会社は、イギリスの大学・大学院留学に強い会社のようです。

前回受けた会社は、大学・大学院にはあまり精通していない会社だったように感じます。

高校生、大学生の語学留学に特化しているイメージでした。

しかし、アメリカのOPTのことなど学ぶことはたくさんありましたので感謝しています。

今回は、かなり具体的に大学院留学について話を聞くことができました。

まず、こちらから伝えたことは留学の動機です。

「英語教師としてスキルアップしたい」という旨と「予算について」を伝えました。

スキルアップについては、TESOLはイギリス発祥のようでかなり充実したカリキュラムが準備されており、大学により個性があるので自分に合った内容がある大学院に進むべきだとアドバイスをいただきました。

予算については350〜400万円で一年間と考えておくと良いみたいです。

生活費がロンドンだと17万円、ロンドン以外なら14万円くらいとのことです。

大学の寮(一人部屋)は10万円ぐらいが相場ということです。なかなかの家賃だなあと思いました。

ちなみに、大学院卒業後は日本での就職がほとんどみたいです。

アメリカのOPTのような就労できるようなシステムはイギリスにはないみたいです。残念。

ただ、TESOL専攻なのでなかなか日本人が英語学校で働けたりするイメージもないでしょうし、予想の範囲内かと思います。

オーストラリアやアイルランドの方がインターナショナルスクールで働き口が見つかる可能性はあるみたいですが…。

日本以外の英語圏以外でも英語教師として働く人はいるみたいです。

しかし、日本に帰って再就職が基本と考えておいた方が良いでしょう。

 

出願に必要なもの(どれも英文で)

□成績証明書

□卒業証明書

□推薦書(大学の教授、職場の上司など2名から)

□自己推薦書(Personal statement)

履歴書

□IELTS(6.5〜7.0)

 

イギリスの大学は英語力は授業を受けるための最低限の資格として捉えているみたいです。

むしろ経歴などのバックグラウンドを重視して入学者を選抜するようです。

成績のGPAは5段階で3.75以上を取っておきたいらしいですが、果たしてあるかどうか…。

 

出願(10月〜12月)までにやるべきこと

□出願する学校を決める(6月には決めたい)

□各種書類作り(9月には作り終えたい)

□IELTSの勉強(10月には6.0取りたい)

 

出願検討については「国籍比率」「男女」「教授」「カリキュラム」「インターンの有無」「大学ランキング」などを見て決められる方が多いのだとか。

 

IELTSの学習について

これがかなり厳しいと思います。

私はまだ受験したことがないのでまず受験してみたいと思います。

TOEICの点から換算していくと5.0くらいではないかと言われました。

問題集を見る限りかなり私にとってはタフなテストに感じています。

語学学校で3ヶ月勉強(毎日5〜6時間)して0.5ポイント上がるみたいです。

仕事をしながらですので、一日に2時間勉強できるとしても3倍の時間として0.5ポイント上げるのに9ヶ月かかります。

今年度は難しいかもしれませんが、ベストを尽くしたいと思います。

 

 

いじめについての知識をつけるために最初の一冊「いじめと戦おう!」

 

いじめと戦おう!

いじめと戦おう!

 

 「まなびと!」さんのblogを読んで、即購入いたしました。

manabito.hateblo.jp

いつも勉強になり本当にありがたいです。ぜひまなびと!さんのブログをお読み下さい。

 

ちやみに「振り返りジャーナル」についてもまなびと!さんが触れていらっしゃって購入いたしました。

勤務先では、生活の記録をするノートが義務的に渡されています。

生徒は「書かされている」「提出しないといけない」という低いモチベーションで取り組んでいるので、どうにか解決の糸口がないかと読んで見ました。

またこれについても記事にしたいと思います。

 

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス)

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス)

 

 

今回は「いじめと戦おう!」についてです。

生徒目線で読みやすい本でした。

本記事では私がこの本から学んだことを書いていきたいと思います。

 

いじめと戦おう!から学んだ3つのこと

①クラスの人たちを味方に変える

周りの子を味方につけられれば、いじめてはダメじゃないかと思わせることができるでしょう。

それをどうやって行うかが具体的に示してありました。

こんなことをやってみよう

・教室の掃除をいっしょうけんめいする

・体育の時間の道具を出す、片づける

・何かプリントを配る、運ぶ

つまり、クラスの人たちの役に立つことをすすんでやってみるのです。

これは、良い作戦だなあと思います。

Give&TakeのGIveを行うということです。

長期的に見れば、きっと見てくれている人がいるはずです。

 

②悪口は気にするだけ損

悪口は防げません。人間、生きていればどんな人でも悪口は言われます。だから、気にするだけ損です。傷ついたり、悲しくなったり、くやしくなったりするだけ損します。

雨が降ってきたとき、「くそう…なんで雨が降るんだ…」と、ぼーっと立っていたら、ずぶぬれになってカゼをひいてしまいます。いくらくやしくても、降るときは降ります。だまってかさをさしてやりすごしましょう。

 学校という狭い世界が全てになりがちな学校生活なので、悪口とか信頼できる友達がいないというのはとても辛いことですよね。

卒業して大学生くらいになると広い世界で生活していきます。外を見れば自分の居場所が見つかるはずです。その日までどうか、自分を閉ざさないでほしいです。

 

③言ってほしいこと

「あなたは悪くない」と、何度も何度も言ってほしい。

とにかくだきしめて、泣かせてほしい。(24歳)

つらいとき、「自分は悪くない」と自己暗示をかけました。(26歳)

「だめな人間なんかじゃない」(22歳)

「何を言われても気にするな。今は友だちがいなくても、いつか必ずすてきな友だちができる」(19歳)

いじめることは、はずかしいことだけど、いじめられることは強さ象ちょう。(15歳)

いじめられることは、はずかしいことではない。(18歳)

よくない状況のとき、人って頭の中で悪いことばっかりぐるぐると回ってしまうと思います。だからそんな状況の人には、その人を認めるような言葉がけが必要なんだと思います。

 

最後に、教師の中でいじめを経験してきた人って少ないのではないでしょうか。

私自身、経験がありません。だからそんな状況のときどんな言葉をかけていいかわからないことが悩みでした。

この本を読んで考えさせられましたし、もっと知らなければならないなと感じました。

 

関係代名詞 授業をする前に留意したいこと

1.関係代名詞をthatから導入する理由。

thatは「人」「人以外」の両方に使えることが一番の理由でしょう。

なんでもthat使ってええぞと教えることは危険だと思いますが、関係代名詞という新たな概念を教えることの負担を軽減するためにも、まずはthatを使いこなすことを優先していいと思っています。

thatが定着してからwho、whichを学んだ方が負担が少ないのは明白でしょう。

ちなみに、日常会話ではthatの方がwhichより使用頻度が高いです。

歴史的に見ても、関係代名詞の中で最も古い形がthatらしいです。

先行詞に形容詞の最上級、the only、the very、the firstなどが含まれる場合には、thatが使われるのが一般的であるということは、中学生には内緒にします。教えないことも大切だと思います。

混乱するだけなので、なるべくシンプルに教えます。「簡単じゃん」と思わせたら勝ちかなと思います。

シンプルにしすぎて失敗することもありますが…(笑)

 

 

2.関係代名詞の基本的役割

中学校の問題集なんかには、二文結合をする問題がたくさんあります。

これをするたびに生徒は関係代名詞の役割を文を繋げることだと勘違いしてしまいます。

しかし、関係代名詞を使うことの一番の目的は情報追加だと思います。

This is a girl.だけじゃ女の子がどんな女の子か曖昧です。

だから、This is a girl who sings very well. というように情報を追加して具体的にしてあげる。

英語の後ろから情報を追加するという発想の一つであることに気づかせたいです。

 

二文結合が目的と勘違いすると、固有名詞に関係代名詞をつけたりして、えらいことになってしまいます(笑)。

Michael Jackson who sings very well is very famous. なんてマイケル・ジャクソンがたくさんいて、その中の歌が上手いマイケル・ジャクソンは〜という意味になりますよね。

あと目的格の関係代名詞は、関係代名詞が前に移動することにも注意したいですね。whoseについてもなかなか理解しづらいポイントですので、演習を積ませて定着させていきたいポイントだと思います。 

whomは口語ではwhoを使われることもありますし、細かい情報がたくさんある分野が関係代名詞だと思います。

 

中学三年生の山場の文法分野だなあと教えながら痛感している次第です。

工夫をしていきたいです。

 

 

現実VS夢『ズートピア』

オススメ度★★★★☆

【テーマ】夢、挑戦、友達


『ズートピア』予告編

 

出張先の宿で鑑賞しました。

疲れた体に癒しを求めて見ましたが、なかなか考えさせられる内容というかファンタジーでなく、これは現実だなと思いました。(笑)

 

 「より良い世界にするためにここに来たのに、私は逆に壊してしまった」

 担任をしていて、思わぬ方向にクラスが向かっていったときを思い出しました。

「みんなで協力してやっていこう」ということが伝えたいのに、なかなかそれが伝わらず、むしろバラバラになっていく。

とてもつらいことです。

「より良いクラスにするためにここに来たのに、私は逆に壊してしまった」

そんな気持ちになることもたまにはあります。

でも、最後まで諦めてはいけません。

できることがきっとあり、選択肢を増やして、それを実行していくことが良い方向に向かうものです。

「あなたがどんな動物だろうが関係ない。より良い世界を目指して、心を覗けば変化はあなたの中で始まる。」 

変化はあなたの中で始まるんです。外ではないんです。

「自分が他者に見たい変化を、まず自分がするんだ」という言葉を聞いたことがあります。

自分が変われば周りの見え方も変わります。主観が世界を作っていますから。

 「あまり信じすぎない限りは、夢を持つことは素晴らしいこと。」

夢を叶えることは尊いと信じている私からすれば、耳が痛い台詞ですが…

夢を持つ、そのために努力をする過程が人生を生き生きとしてくれるんじゃないかなと思います。

 

教員の留学②「私の留学に対する考え方の変遷」

①ネットで検索する中で見つけた「ワーキングホリデー」

私は現在29歳なので、ワーキングホリデーの年齢制限30歳からするとギリギリの年齢です。

もし、海外に留学するならできるだけ長い期間が良いと思いました。

そしてお金があまりかからない方法があればと思っていました。

そこで考えたのがワーキングホリデーです。

3ヶ月くらい語学学校に通い、それ以降はアルバイトで生活費を稼ぎながら生活すれば費用を最小限に抑えられると思いました。

最初はイギリスのワーキングホリデーを考えましたが、イギリスのワーキングホリデーvisaは抽選で、毎年たくさんの人が応募するとのことです。

またイギリスは物価も高いと聞きます。

オーストラリアなら物価は高いですがvisaが取りやすいのでベターという結論に達しました。

 

②留学カウンセリングA社を受けて見つけた「アメリカのOPTというシステム」

 自分で情報を集めるのに限界を感じてきたので、初めて留学カウンセリングを受けました。

 

私がお伝えしたのは3点です。

・英語教師としてのスキルアップをしたい。

・英語の習得には時間がかかると身にしみて感じているので、できるだけ長い期間留学したい。

・実際に、海外で働くことはとても大切だと思っている。

 

それに対してカウンセラーから頂いたアドバイスが、アメリカの大学・専門学校で9ヶ月間、認められたコースを受講すれば、OPT(Optional Practical Training)というシステムを利用できるということです。そしてTESOLという英語教授法を専攻するコースがあるということです。

OPTは簡単にいうと、アメリカで12ヶ月の就労を認めるというシステムです。

つまり、アメリカで一年間学び、もう一年は働くことができるということです。

これは私の理想の留学に近いと思いました。

しかし問題が3つありました。

 

問題①学費

私が紹介されたUC Irvine、UC San Diegoは3ヶ月でやく8000ドルの学費がかかりました。

9ヶ月のコースを受講すると学費だけで、約261万円かかることになります。

生活費や事前の語学研修のことを考えると一年で最低500万円くらい予算が必要となるということでした。

 カウンセリング後、アメリカへの留学についての本も読んで見ましたが、現在アメリカの学費はうなぎのぼりということで、これくらいの学費も妥当かと思いました。

留学で夢もお金も失う日本人 (扶桑社BOOKS新書)

留学で夢もお金も失う日本人 (扶桑社BOOKS新書)

 

 

問題②OPTで就職先が見つからない可能性もある

OPTについて調べてみると、現在アメリカの雇用は厳しくアメリカ人でも就職先が見つからない状況だとありました。

OPTを活用しようとしても就職先が見つからず帰国するパターンもあるようです。

 

問題③帰国後のキャリア

上のUC Irvine、UC San DiegoのコースはCertificateで学位に相当しないと思います。

経験としては就職活動で口述することができるにとどまるのではないでしょうか。

上の「留学で夢もお金も失う日本人」で述べられていたのですが、現在アメリカへの留学の動機は学位を取得することが第一位らしいです。

目的がはっきりした留学こそ成功するということでした。

きちんとやりたい分野と学位を明確にすることが大事なのではないかと感じてきました。

 

③他国に目を向けてみる

アメリカの学費が高いということで、他国の大学について調べることにしました。

またTESOLにはMaster in TESOLという大学院で修士号を取得するコースがあることがわかりました。

その中でわかったことがオーストラリアの大学とイギリスの大学にMaster in TESOLを取得できる大学院があり、それを取得した日本人がすでにいることです。

感想をネットで読むことができました。

その中で印象に残ったのが、一年間で学位を取得することが可能だということです。

一年間の学費は約210万円くらいです。UC Irvine、UC San Diegoのコースと変わりません。

しかしCertificateとMasterでは価値が大きく違うのではないかと思います。

生活費等のことを考えても一年間で約350万くらいで行けるのではないかと思います。

問題があるとすれば入学資格である英語力です。

IELTSのバンド6.5-7.0を取得しなければなりません。

英語教師ならこれくらいはとっておけよと思われることは重々承知ですが、私にとってかなり厳しいスコアです。

IELTSを受験したことがありませんが、現在IELTSの勉強を始めようと思っています。

また、別の会社の留学カウンセリングを受けることにしました。

イギリスの大学・大学院の留学を主に扱われているところです。

また学んだことを記事にしたいと思います。