読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life traveler

「夢をかなえる」をモットーに英語教師をしています。夢を発見し、かなえるための場所を目指します。

英語力が高ければ、優秀な英語教師になれるのか

headlines.yahoo.co.jp

 

上の記事の言いたいことに共感します。

「教員の全国1位はうれしいのですが、あくまで生徒の学力を伸ばすのが教育ですからねぇ。課題として取り組んでいきたい」(高校教育課)と複雑な様子。香川だけではない。熊本(4位)、愛媛(6位)、佐賀(7位)など教員上位県の生徒は平均未満。

“優秀な先生に優等生”とはなっていないのだ。

英語教師は確かに英語力が高いに越したことがないし、高い英語力が求められる職業だと思います。

英語という科目は、年々コミュニケーション能力を重視する傾向があり、4技能(聞く・読む・話す・書く)のバランスが求められています。

英語を使う姿を生徒のモデルになってやらなければなりません。

例えるなら、体育に似ていると思います。

体育の先生が運動が下手だったら、説得力ありませんよね?

英語教師も同じことが言えます。英語の先生の英語が下手だったら説得力がありません。

一昔前は、カタカナ発音でも許されてきたかもしれませんが、現在はそういうわけにも行きません。

若い世代は、留学経験のある教員が増えてきたと感じています。

英語を実践的に使える先生が増えています。

 

しかし、英語を使えるだけでは生徒はついてこないと私は思います。

教師は、リーダーシップ・カリスマ性・ユーモア・誠実さなどをバランスよく兼ね揃えなければ、生徒がついてこないと思います。

先に生きる者として、経験・知識も必要です。

そして、教科を教える場面で必要になる力には、わからない人の気持ちに立てるかが重要になると思います。

「自分の成績が悪い先生は教える際に、生徒の目線に立って工夫したりと、上手に教える傾向があります。今回の結果はその表れかもしれません。文科省が生徒の成績と並べて教員の成績を公表することは問題です。これでは、教員は自分の“英語力アップ”に走ってしまう。英語ができることと、教えることは別物。鍛えるべきは“教えるスキル”です」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=教育学)

私自身、英語が苦手だった人間です。だから、何がわからないかは少しわかる気がします。

また、自分が英語の成績をどうやって伸ばしたのか、何が必要なのかも私の経験上の話がすることができます。

そこは、自分にとっての強みだと思います。

しかし、私の経験は私の枠を超えてませんので、様々な生徒がいる中、全てが通用するわけではありません。

実際、ほんの少ししか当てはまらないという感覚を持っています。

様々な実践を見たり、書籍で研究して、常にベターな授業を目指して行かなくてはならないでしょう。

 

 

教員の留学①

私自身、英語力についてコンプレックスがあります。

英語の勉強は教員になってからも継続的にやっていますが、まだまだ…という気持ちが強いです。

どうにか、ブレイクスルーしたいという気持ちが教員歴を重ねるごとに強くなります。

今年で30歳を迎えます。

ここ数年一度教員を退職して、留学して本気で英語を勉強し直したいという気持ちが強まってきました。

海外で生活して英語を学ぶ意味を理解したいという気持ちもあります。

留学する・しない、どっちがワクワクするかで考えると、やっぱりするという選択がワクワクします。

しかし、今の職場には感謝の気持ちがいっぱいありますし、同僚にも恵まれ、良い環境で仕事をさせてもらっています。

じっくり留学するかどうかを考えたいと思い、情報を集めている最中です。

メールでの無料相談などを試してみたりしていく中で、この度、実際に留学のカウンセリングを受けてきました。

そこでわかったことを記しておきたいと思います。

 

カウンセリング前

・場所はカナダ(イギリスが第一希望だがワーホリビザの取得の難しさからカナダに変更)

・ビザはワーキングホリデー

・期間は一年以上

・TESOLを取得したい

・予算は300万

 

カウンセリング後

・場所はアメリカ

→条件を満たす学校で九ヶ月以上勉強すると、OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)として最長十二ヶ月就労することができるアメリカの仕組み。私は、現地で働くことは、スキルアップに不可欠だと考えていたので、理想的な仕組みだと思いました。

・期間は2年

→OPTを活用すれば、一年目は学校で学び、2年目は働くというプランが立てられます。退職して海外に行くという決心をするからには、かけがえのない経験にしなくてはなりません。もう二度とこんな期間は取れないでしょうから、ある程度の期間と中身のある留学を目指したいです。

・TEFLの取得

→私が見る限り、アメリカではTESOLよりもTEFLが一般的のようです。正直TEFLとTESOLの違いがよくわかっていません。もう少し情報を集めてみたいと思います。

・予算は最低500万

→アメリカの学校の授業料は高いです。三ヶ月で約100万くらいかかりそうです。2年間の滞在費を考えると、500万でも少ないとおっしゃられてました。節約が必要です。留学経験のある友人に相談すると、「500万円を出すのはリスクが高すぎる。海外に留学するなら、学位をしっかり取り、英語以外のスキルを身につける方が良い。今、成功する留学は英語を学ぶためでなく大学で英語ではないスキルを身につけることではないか。」と言われました。英語だけを学ぶ方法としては、500万円の価値はないだろうということです。納得します。

・TOEICで入学要件を満たすことができる

IELTSやTOEFLが一般的ですが、アメリカの学校にはTOEICも入学要件にしている学校があります。IELTSやTOEFLのようなリスニング・スピーキングの難しい試験よりも、TOEICの方が日本で勉強しやすいと思いました。

 

現在情報を集めています。英語を本気で学びたいだけなら、もっと違う選択肢があるかもしれません。

 

留学で夢もお金も失う日本人~大金を投じて留学に失敗しないために~ (扶桑社新書)
 

 この本を現在読んでいますが、なかなか留学事情は厳しいということがわかってきました。特に、アメリカの学費はリーマンショック以降うなぎのぼりのようです。この本の感想も後日書きたいと思います。

 

 

調べ学習の道しるべ『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

オススメ度★★★★☆

【テーマ】調べ学習、平和学習、戦争

www.youtube.com

この映画は実話を基に作られた映画のようです。

貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。
「教員歴20年。教えることが大好きで退屈な授業はしないつもり」と言う情熱的な彼女は、歴史の裏に隠された真実、立場による物事の見え方の違い、学ぶことの楽しさについて教えようとする。だが生徒達は相変わらず問題ばかり起こしていた。ある日、アンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者レオン・ズィゲルという人物を授業に招待する。大量虐殺が行われた強制収容所から逃げ出すことができた数少ない生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく―。

http://kisekinokyoshitsu.jp/story.html

落ちこぼれクラスの生徒たちが、「アウシュヴィッツ」をテーマにコンクールに出場します。

最初は、勉強に対してのモチベーションがなく、消極的だった生徒が歴史を学ぶに連れて、勉強という感覚を忘れ、調べ学習に没頭していきます。

テーマは「アウシュヴィッツ」ということで重いですが、生と死について考えていくことや歴史を学んでいくことが自分たちと関わりありものだと実感していきます。

そして、担任の先生が知識が豊富であり、また生徒のやる気を引き出す力が高いです。

実際に記念館に連れて行ったり、収容所にいた人に話をしてもらったり、調べ学習に大切なことを伝えてくれます。

今、調べ学習のやり方に悩んでいる方がいらしたら、参考になるかもしれません。

また、この先生の生徒に対する毅然とした姿勢と情熱、そして生徒を信じる姿勢は、教員として大切なことを伝えてくれます。

上で落ちこぼれクラスと表記しましたが、実はエネルギッシュで人情の熱い生徒たちだったと思います。

これは、教員の持っていき方次第で、生徒は変わるということを改めて感じさせてくれます。もしかしたら、この生徒たちは人生が変わったかもしれません。

高校の落ちぼれクラスを舞台に、劣等生たちの学校・社会に対するやり場のない怒りや、生徒同士の民族的・宗教的な対立という問題も描いている。そんな集団をアンヌ先生は指揮し、全国歴史コンクールに入賞するという目的に向かうクラスへと変貌させる。もちろん最初はコンクールの課題となる「アウシュヴィッツ」という難しいテーマを前に生徒達から不満が噴出する。だが、強制収容所の生き残りレオン・ズィゲルの証言を聞いた日を境にクラスは変わる。この生き証人が生徒達に自らの恐怖と希望の体験を語り、生徒達は“本当”にそのホロコーストの記憶にノックアウトされるのだ。ワンテイクで撮られたこの強烈なシーンでは、クライマックスに相応しい圧倒的な感動が押し寄せる。歴史を知ることがいかに思春期の人生をひっくり返す作用があるか、学ぶことこそが未来を変えるエネルギーになりえるか、教育の大切さを教えてくれる真摯な映画だ。

http://kisekinokyoshitsu.jp/introduction.html

勉強とは机についてすることだけではありません。

好奇心を引き出し、知りたいという気持ちを育むことで、人は勝手に勉強するのかもしれません。

我々教員の責務は非常に大きいものだと思います。

知識を得、その知識を若い世代にどういう風に伝えるか。

どのように心を揺さぶるか、ただ教科書を読んでいる授業では駄目だと思います。

 

 

英語を学ぶことは終わコンか?!Skypeが瞬時に日本語翻訳。これから英語を学ぶ理由とは。

news.tv-asahi.co.jp

英語や中国語など10の言語に対応し、言語の異なる相手と会話してもソフトが瞬時に相手の言語を認識し、日本語に通訳してくれます。

ほとんど、同時通訳です。ドラえもんの道具の「ほんやくこんにゃく」ですよね。

英語教師にとって英語を教える意味を再考しなければならない時代がやってきました。

まずは上の記事をご覧ください。

どれくらいの精度かは実際には確認していませんが、簡単な文は瞬時に翻訳してくれそうな感じです。

www.youtube.com

イメージはこの動画の通りです。

いずれは、英語を学ばなくても自動翻訳が発展し、コミュニケーションが可能だと思っていました。

しかし、私の予想以上に早いスピードで実現しそうです。

 

なぜ英語を学ぶのかという問いの答えとして、私は「英語の情報は日本よりも豊富で、進んでいる分野が多い。だからこそ、最新の情報を得て、世界をより良くするために英語を学ぶことが必要だ」と信じてきました。

もしも、翻訳機能が進めば、そこに時間をかける必要性はなくなるでしょう。

そうなれば私の中では、当然英語を学ぶ理由もなくなります。

もう一度英語を学ぶ理由について考えたいと思います。

 

これから英語を学ぶ理由

・心と心をつなぐため

→コミュニケーションは、気持ちを繋ぐものです。確かに表面上の情報は自動翻訳で伝えることができるでしょう。しかし、自分は意図するテンションで話してくれるでしょうか。私たちは微妙なニュアンスを言い方で表現しています。私は、自分のテンションまではコンピュータが翻訳することは当分不可能ではないかと感じています。

・自分の本当に伝えたいことを表現するため

→例えば日本語と英語は一対一ではありません。その言語でしか表せない微妙な気持ちもあると思います。 「もったいない」はやっぱり「もったいない」でしか表せないのではないでしょうか。言語にはこういう例がたくさんあるはずです。自動翻訳で本当の気持ちを適当に他言語に置き換えられては困ります。心と心をつなぐことにも関連すると思いますが、本当に伝えたいことは自分で勉強して経験の中から表現するしかないのかもしれません。

人工知能を鵜呑みにしたくないから。

人工知能の翻訳をチェックするのは誰なのでしょうか。少なくとも自分ではありません。本当に伝えたいことが正しく伝わっているのか。それをチェックするのは自分でありたいものです。自分の責任で失敗することは、諦めもつきますし、自己責任だと思えます。例えば、自動運転システムで事故を起こすのと、自分で事故を起こすとするのでは捉え方が違いませんか。自分で運転するなら、納得するまで最大限の注意を払えます。

 

とはいえ、自動翻訳の流れには抗えないのが現実

 自動化の流れはこの調子でどんどん進んでいくと思います。

そんな中で本当に英語教師として生き残っていくのは厳しい世の中になることでしょう。

機械が教えられないことを教えられる人材にならなくれはなりません。

それを見つけることが大切になっていくと思います。

その答えはまだ明確に私には見えていません。

これから英語を学ぶ理由として、今感じているキーワードは「言葉のニュアンス」「文化」「コミュニケーション」「専門的な分野」「経験」「最新の概念」です。

いづれもコンピュータが表現しづらい分野だと思います。

これからの英語教育に求められるものは何かアンテナを張っていきたいと思います。

結婚できない理由がわかる!『困難な結婚』

オススメ度★★★★★

内田樹さんの『困難な結婚』を読んでみました。

 

困難な結婚

困難な結婚

 

 

独身の私には心に突き刺さるものがあります笑。

読んでいる途中、何度心が折れそうになっていたことか…。

私は、この本に書いてあることのほぼ逆の思考をしていました。

独身のみなさん、覚悟して読んでください。しかし、一読の価値があると思います。

 

大まかに内容を説明すると、「結婚できないとか、ごちゃごちゃ言い訳してないで、してみたらどう?見えてくるものがたくさんあるぞ。」というような内容です。

 

以下私の琴線に触れた部分の引用と感想です。

仲人口が持っている話って、じつはかなり精度の高い外部評価なんですよ。本人の社会的能力や人間的成熟をよくみた上で、「まあ、この人とだったら、あなたもそこそこ幸せになれるんじゃないの?」判断して話が来ている。

出会いの中でもっといい人を探しがちです。自分との釣り合いという感覚をしっかりみないと…。突き刺さります。

海外旅行に行きなさいというのは、みなさんが結婚して二人で生活を始めたあとに遭遇する無数のトラブルのときに、あなたの配偶者がどんなふうに対応するかの、それが「予告編」だからです。

なるほどと思いました。海外旅行に行くというのはこういう意味があったのか!単なる旅行ではなかったとは。

結婚して人は大人になる。大人になってはじめて、結婚とはどういう「いいこと」があったのか、事後的・回顧的にわかる。

 結婚してない者が結婚のメリットなどわからない…ということか…。厳しい言葉です。

 

独身の私にとって、結婚は未体験ゾーンですから、どうこう語れる立場じゃありません。

本を読んでわかったことは、私が結婚できない理由です。

 

私が結婚できない理由

・出会いの場に積極的に行かない。

→1年のうち、新たな異性の出会いは10人以内だと思います。

・自己評価と外部評価が乖離している。

→心のどこかで自分の理想を追い求めていて、自分が変わろうとしていない。理想の相手に出会ってないのでなく、自分が理想の相手にしたくないと思っているだけかもしれません。

・結婚したいと心から思っていない。

→一人でも生きていける気がしている。アラサーの今だからこそ、そう思えるのかもしれません。年を重ねて行くと、老化もしますし、考え方も変わって行く可能性が高いです。本書の中で結婚は人生のセーフティネットというような表現がありました。協力して人生を生きて行く方がメリットも大きいはずです。

 

このように自分の結婚に対する分析を行うのは、少々自分の心が痛いものですが、必要なことかもしれませんね笑

結婚に対して考えてみようという人はまずこの本を読んでみると良いかもしれません。

また、結婚生活についての考え方も書いてあります。結婚生活にお悩みの方もぜひ一読をされてはどうでしょうか。

 

 

私が読書をするたった3つの理由

読書好きな人はたくさんいらっしゃると思います。

様々な理由で本を読んでおられることでしょう。

今、本を読む習慣のない人も…。

今回、私が読書をする3つの理由を述べたいと思います。

共感していただけたら幸いです。

そして、多くの人々が豊かな生活を送ることを願っています。

 

①悩みが解決するから・ヒントが得られるから

頭の中が整理されます。

なかなか言語化できなかった悩みも、本に書いてあったということも多々あります。

問題を抱えているテーマの本を読めば、ダイレクトに悩みが解決することもあります。

仕事の悩み。人間関係の悩み。どんなジャンルでも本が出版されているはずです。

先人の経験から学び、新たな解決策が見えて、現状を打破する可能性大です。

 

②コストパフォーマンスが高いから

映画一本見ると約2時間、楽しい世界に浸れます。

文庫本一冊読むのにどれくらい時間がかかるでしょうか。

本にもよるでしょうが、私の場合4・5時間といったところです。

文庫本は500円くらいで買えます。

そして、本は印象に残ったところをドッグイヤーしたりして、振り返りやすいです。

振り返ることで、身につきますし、身についてこそ知識が役に立ちます。

とはいえ、映画も映画で、映像化されていて、頭に強烈なイメージをくれます。

没入感も映画の質は高いので、本と映画どちらもメリットがあると思います(笑)

私は、どちらも好きです。

いづれにせよ、読書をして損はしないでしょう。 

私の好きな言葉を紹介します。

一冊読めば世界が広がる。奇跡的に出会った人にあげられる何かが増える。そんな素晴らしい宝が、こんなに少ない値段で手に入るものってないからね。本は安すぎるよ。

 引用元

One World

One World

 

 

 

③人とつながれるから

私にとっての読書の最大の理由です。

憧れの人や話してみたいと思う人と出会ったとしても、情報のレベルが違えば、会話が続かないということです。

大人になればなるほど感じます。

もっと話してみたいのに、仲良くなりたいのに、そんな気持ちがあるにもかかわらず、自分の知識の無さから自信を失い、会話を続けることができない。

そんな苦い経験をしてきました。

歳をとれば、仕事の中でも自分より若い人たちと接することも増えてきます。

そんなとき、自分の経験も大切なのですが、最新の情報や深い知識がないと後輩も残念がるでしょう。

人生の中でめぐってくる出会いや縁にスパイスを与えてくれるのが読書なのです。

先ほどの言葉をもう一度引用すると「 奇跡的に出会った人にあげられる何かが増える。」のです。

人生はGIve&Takeです。

まず与えることが大切だというスタンスで生きていきたいと思っています。

 

 

試してみたい教材「ソクトレ」

 全てのレッスンにおいて、英文語数が300語(はじめて編)、450語(標準編)に統一されいるため、読解にかかった時間を付属のグラフに記録するだけで、成長を簡単に可視化できる問題集。

 最近のセンター試験、英検の傾向からすると、ある程度の量の英文を速く主張をつかむことが大切だと感じています。

 

 この問題集なら、楽しみながら自分の成長を感じて、授業内の帯活動として継続していくことが可能ではないかと考えています。