読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life traveler

「夢をかなえる」をモットーに英語教師をしています。夢を発見し、かなえるための場所を目指します。

【初心者】IELTS受験申し込みをする前に知っておいた方が良いこと

IELTSの受験の申し込みをしてきました。

初めてなので、少し時間を取られてしまいました。

予想以上に受験の申し込みに手を取られてしまいましたので、これから初めて受ける人へアドバイスができたらと思います。

IELTSの特徴とメリット

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。

IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営で保有する試験で、世界140ヵ国の1,000以上の会場で受験することができます。公益財団法人日本英語検定協会は、日本国内における実施運営及び広報活動をしています。

IELTSの特徴とメリット | IELTS | 公益財団法人 日本英語検定協会

最近ではTOEFLがコンピューターベースなので、IELTSのface to faceの面接を好まれる方が多いとか。かくいう私も、その一人です。

では、受験申し込みで私がつまずいた点をお伝えします。(普通つまずかないところかもしれませんが…。)

 

気をつけること

①IELTS IDが必要です。

→ネットショッピングの会員登録とそんなに変わらないので大丈夫だと思います。パスワードを忘れた時などの質問が、英語でないと登録できなくて最初焦りました。なんどもなぜ登録できないんだと冷や汗をかきました(笑)。

 

②パスポートが必要です。

→日本英語検定協会にパスポートのカラーコピーを送らなければなりません。つまり、パスポートを持っていないと受けられないということでしょう。私は持っていたのでよかったですが、無い人は急いで作らないといけない…。大変だ…。有効期限なども注意です。

 

③受験料が¥25380!

この金額だからこそ、必死になれるかもしれません…。私はコンビニで入金しました。

クレジットカードも可能です。高額なので、きちんと勉強して意味のある受験にしたいと思いますよね。ドキドキです。

また教員助成で2万円で受けられるみたいです。しかし、その手続きが大変そう。学校長の印鑑も必要になるようです。私の場合は締め切りも近かったので今回は助成なしで受けることにしました。次回からは前もって準備しておこうと思います。英検の助成はIDとパスワードでいけたと思うので、油断していました(涙)。

 

IELTSの申し込みについて詳しくは公式ホームページに載っています。

熟読していただけたらと思います。

www.eiken.or.jp

 

すでに受験されている方からすると、常識だろ!と突っ込まれそうですが、初めての私からするとIELTSは英検よりも申し込みがややこしい印象です。よく言えばしっかりしてるということでしょうか。

受験日が楽しみです。毎日勉強を続けていこうと思います!