Life traveler

「夢をかなえる」をモットーに英語教師をしています。夢を発見し、かなえるための場所を目指します。

【女性も泊まれる】カプセルホテル アスティル道頓堀

GW中に大阪で留学セミナーを受けてきました。

二日間だったので宿が必要になりました。

一週間前だったので、どこも予約でいっぱい。

空いているホテルは価格沸騰。

2万円を超えるものがザラでした。

どうしようかと探しに探して見つけたのが「カプセルホテル アスティル道頓堀」。

www.astilhotel.jp

四千円代で宿泊できました。

ここのカプセルは女性専用フロアもあり、カップルのお客さんが多かったです。

この女性専用フロアは需要があるよなあと感じました。

 

良かったところ

・綺麗

まだ新しく綺麗でした。デザインもオシャレなイメージです。

・スタッフが丁寧

しっかりとスーツを着たスタッフがおり、ビジネスホテルに似た雰囲気でした。カップルのお客さんも安心できますね。

・アメニティが充実

アメニティ種類は多すぎて迷うぐらいご用意しております。

資生堂やポーラなどのアメニティーが充実
高級ホテルにも導入されているハイクラスアメニティーも多数ご用意しております。
選べるアメニティーシリーズとして女性用男性用とも各フロアに設置
​もちろん無料でお使い頂けます。 

 確かに、迷いました笑。

シャワールームにたくさんのシャンプーなどが置いてありました。

ワックスは持参したのですが、持っていかなくても良かったなと思いました。

・ベッドルームが心地よい

寝具はすべて特注品

ドリームベッド社製アスティルオリジナル寝具。少しでも快適に過ごして頂けるようにとことん拘り
​そして2重マットレス方式2種類のマットをご用意させて頂きました。
​一番下の硬質マットレスは全室同じです。その上のマットは2タイプになります。
三層式敷布団は一般的な布団の寝心地になりますが一番下のマットレスがあることにより
​体圧分散がはかられ気持ちの良い朝を迎えることができるでしょう。
​3次元マットとは新幹線のシートにも採用されいる素材で高反発で寝返りがしやすく蒸れにくい快眠マットです。 

 実際に寝て見て、快眠できました。ベッドが何とも言えない感触で、心地よかったです。カプセルホテルといえば、その辺期待できないことが多いのですがこちらは期待できます。

またカプセルホテルあるあるですが、周りの人のいびきが気になるんですよね。耳栓も無料で用意されており、使用すれば気にならないでしょう。

 

最後に

カプセルホテルといえば、寝るだけという常識を壊してくれます。

これまでカプセルホテルって苦手だと思っていたという人ほど、試してほしいですね。

ビジネスホテルが高かったり予約できなかったときはぜひ試していただきたいと思います。